<< 4月19日法然院ゲスト出演 | main | 峰琴会出演 >>

兵庫県立美術館公演

まんだら六条
日時:4月29日(祝・火) 14:00〜15:30
 場所:兵庫県県立美術館「アトリエ」
     《UTAGE・機奸
  第一章 地唄「黒髪」
  第二章 万葉恋歌―情念から菩薩へ―
    上方舞   立花典枝
    十七絃箏  麻植美弥子
    キーボード 岩坂富美子
    美術(平成の能衣装) 庄瀬みき 

  主催:兵庫県立美術館アートフュージョン実行委員会
  後援:兵庫県・兵庫県教育委員会・神戸新聞・サンテレビジョン
      ラジオ関西・Kiss−FM
| ライブ&活動予定 | 22:13 | comments(12) | - | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 22:13 | - | - | pookmark |
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
2011/08/27 9:13 AM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2011/05/12 3:30 AM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/12/25 4:21 PM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/12/15 9:50 PM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/12/02 10:38 PM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/11/24 4:01 AM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/11/20 12:33 PM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/11/01 10:37 AM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/10/26 2:33 AM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/10/16 4:52 PM, from -
管理者の承認待ちコメントです。
2010/10/09 4:27 PM, from -
兵庫県立美術館のアトリエで、演目 第1章・第2章・第3章 を拝見し、視覚と聴覚で満足させて頂きまして、有難うございました。万葉集のことは親しみもありましたが、『地唄』の世界は新発見。

手を振る、袖を振る等の意味深な動き、上方舞のイナバウアー…。(スミマセン、品のない表現で)

「中臣宅守と狭野弟上娘子」の相聞歌、舞の動きと音で 万葉歌の内面が観客に迫ってまいりました。

君が行く 道のながてを 繰り畳ね 焼きほろぼさむ天の火もがも
帰りける 人来れりと いひしかば ほとほと死にき 君かと思ひて

機会があれば又舞で魅了させてもらいたく思います。
2008/05/01 9:12 PM, from 夕海子










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM