<< 桜散り | main | お琴と地唄の会ゲスト出演 >>

青昇舞の写真です。

JUGEMテーマ:芸能
 
西垣正信CDより「アルハンブラ宮殿の想い出」
アルハンブラアルハンブラ

西垣正信氏の演奏はいつ聞いても心深く、温かいものを感じています。「アルハンブラ宮殿の想い出」は幾多の戦場と化したその建造の数々の中に多くの戦いに敗れ、勝利した騎士の思いが深く沈んでいます。そして、その中から見出した神への感謝が流れていると感じて舞わせて頂きました。戦の哀しみ、闘う事の想い、魂の浄化そして、心に生まれた神への感謝そう感じていました。そこに導いて下さったのが西垣氏のギターでした。




石原裕次郎CDより「思い出さがし」
思い出さがし思い出さがし

石原裕次郎氏の声が深く、幾層にも分かれて低く響いてきました。それは地唄の歌のように深いその向こうの景色を映し出しています。そこにいる女はどの歌の女にも等しくあるのは、凛とした姿です。男を想う時、未練を想う時、哀しみを湛えている時、幸せを感じている時、その全てに凛とした覚悟を生きている女がいます。それは石原氏の描く女なのか、、、歌声の向こうにいる女がとても好きなんです。未練を抱きながら自らの内に秘めて、、、自立している女がいます。



地唄「面影」
面影面影面影面影面影

面影をしたい、幾年を過ぎても忘れることのない想い。今の尚鮮やかに蘇る想い。決して消えることなく生き続ける想い。人の心に美しく灯った想いの心はきっと永遠に心の中に居く続けるのでしょうね。そんな思いの「面影」でした。



| 公演報告 | 23:09 | - | - | pookmark |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM