<< 【青昇舞一夜】の「曽根崎心中」 | main | 「屋島(長刀仕様)」 >>

《青昇舞一夜》より「狐火」

《青昇舞一夜》より地唄「狐火」

大石内蔵助の作詞による地唄です。そこには尋常ではない覚悟が秘められています。「曽根崎心中」の死をとして結ばれようとした女人の覚悟とは異質な覚悟が在ります。

狐の化身として恋うる女人。この世では添えぬ想い、、そこに大石内蔵助は自らの決して言えぬ覚悟を写した想い。

全てを胸に秘めて覚悟を深く決めし想い。

舞ううちに女人に非ず。と思いました。

振付にも女人と武士の狭間を舞勤めました。



| 公演報告 | 21:39 | - | - | pookmark |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM