立花青昇

 幼少時より宝生流仕舞を修め、後「御殿儛」名取となり以後後進の指導にあたる。
「新樹会」レギュラーを10年務める。なにわ芸術祭「新人奨励賞」受賞。1998年 名取返上後「上方舞・風の舞」を創設。2004年 ハワイホノルル美術館の招聘で「上方舞」公演。2005年 「上方舞 立花流」創設。
2007年 巨匠中島貞夫監督監修「‐源氏を舞ふ-六条御息所幻想」を創める。
京都府庁「正庁」で秋の公演を開始。2009年 「能を舞ふ」を創める。「上方舞源氏舞台‐横笛‐」公演。2010年 上方舞創作「―湖夢幻―近江八景」公演。
第65回文化庁芸術祭参加公演地唄《「雪」「能を舞ふ−井筒‐」》
2011年 上方舞立花流家元「初代立花青昇襲名」。上方舞源氏舞台「浮舟」公演。
2012年 「埋もれし地歌を舞ふ」を創める。(年2〜3作品発表)
第67回文化庁芸術祭参加公演《地唄「雪」「能を舞ふ-野宮‐」》
2013年 第68回文化庁芸術祭参加公演《地唄「雪」「能を舞ふ-殺生石-」》
伝統芸能「上方舞」を継承しつつ新たな創作にも意欲的に取り組み、古典と創作の両輪の中で「上方舞」の伝承と「埋もれし上方舞」の発掘。創作舞「能を舞ふ」等精力的に公演をし続けている。
「上方舞立花流・書 芸術院」院長「京都市芸術文化協会」会員

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM